雑賀陽平(さいがようへい) 石井利信

石井利信(1950-2005)。「雑賀陽平」のペンネームで漫画家として20歳ごろより活動。1971年、故・手塚治虫氏が発行人を務めた漫画雑誌COMで第20回新人賞を受賞。1980年創刊の季刊誌「漫金超」では、いしいひさいち氏や川崎ゆきお氏などとともに活躍。4コマやコマ立ての風刺漫画を得意とし、週刊朝日の「デキゴトロジー」を担当、その後、画廊に勤務のかたわら、夕刊フジや神戸新聞などにも4コマ漫画を連載していました。

絵手紙は祖母へ、出張先から母へ、僕達二人の息子へと宛てたものです。時々の家族へ伝えたいことや出張先の出来事を描いています。

Copyrightc 2012 saigayohei.com Co.,Ltd All Rights Reserved.